収録タイトル

  • 通常版/特装版収録タイトル

  • 特装版収録タイトル

アーケード

ダライアス

1986年に発表、翌年1987年に発売された横スクロールシューティングゲーム。

3画面連結した大型筐体や、低音スピーカーをベンチシートに内蔵した音響システム等、当時としては革新的な機構の筐体が話題となった。

ゲーム内に登場する、シーラカンスやマッコウクジラなどの水棲生物をモチーフにしたボスキャラクター達は、ダライアスの代名詞として現在でも人気を博している。

アーケード

ダライアスII

『ダライアス』シリーズの2作目として1989年に登場。

2画面の専用筐体でリリースされた後、『ダライアス』や『ニンジャウォーリアーズ』からの基板交換による3画面筐体版も追ってリリースされた。

ボス戦では自機を左右反転して戦える新要素が加わった他、攻撃力も大幅にグレードアップし爽快感が増した。登場するボスキャラクター達も攻撃パターンが増えパワーアップしている。

アーケード

SAGAIA

『ダライアスII』の海外版として1989年に登場した別バージョンで、アップライトの2画面筐体としてリリースされた。

海外市場に対応するため、プレイ時間を短くするための変更が加えられている。このため国内版よりステージが短く、ゾーン分岐も少なくなっている。

ボスの耐久力は低くなってはいるが、難易度は全体的に高めに設定されている。

アーケード

ダライアス外伝

1994年に登場した、アーケードゲーム『ダライアス』シリーズの3作目。

3作目にしてシリーズ初の1画面シューティングゲームで、汎用筐体での登場となったため、これまでのシリーズに比べ多様なロケーションに設置された。

半透明やラスターを駆使した美しいグラフィックで当時注目を集めた他、新システムとして、敵戦艦を味方にできるキャプチャーやブラックホールボンバーなどが追加された。

スーパーファミコン

ダライアスツイン

1991年にスーパーファミコン用ソフトとして発売された、『ダライアス』シリーズ初の家庭用ゲーム機オリジナル作品。

もともと2画面筐体であったダライアスⅡをベースにしつつ、一画面であることを活かしたアレンジが施された。

当時ブームとなったスーパーファミコン発売から約4か月後の商品ということもあり、アーケード作品を遊んだことのない、幅広い層にも遊ばれた。

スーパーファミコン

ダライアスフォース

1993年にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたオリジナル作品。

「バクテリアから恐竜まで、今までと違う世界観が君を圧倒する」というパッケージ裏面の記載通り、それまで『ダライアス』シリーズでは定番だった水棲生物のボスキャラクターという枠を超えた、多様な生物をモチーフとしたボスが数多く出現し話題となった。

その他性能の異なる自機のセレクトやステージの地形が変形するなど、新たな試みが施された。

Sega Master System

SAGAIA

『ダライアスⅡ』の移植作品で、1992年にSega Master System用ソフトとして主に欧州で発売、日本では未発売となっている。

欧州ではメガドライブやスーパーファミコンなどの16bitゲーム機リリース後も、8bitゲーム機市場がしばらく縮小しなかったため、本作のようなSega Master System向けソフトが日本より長い期間リリースされた。

メガドライブ

ダライアスII

1990年にメガドライブ用ソフトとして発売された『ダライアスⅡ』の移植作品。

2画面のアーケード版を1画面化するため、全体的にキャラクターを小さく描き換え、横長のプレイフィールドを再現している。

2人同時プレイができなかったり、一部のボスが差し替えとなってはいるものの、アーケード版の雰囲気が上手く再現されている。

PCエンジン

ダライアス・アルファ

1990年にNECアベニューが景品として制作したPCエンジン用非売品ソフト。

同年発売の『ダライアスプラス』購入者向けキャンペーン当選者800名を中心に、ごく限られた人数のみが手に入れることができた。

『ダライアスプラス』に登場するボス16体と連続で戦う『16体戦えますか?モード』と、『4分間タイムトライアルモード』が収録されている。

※画像は開発中のものです。